ジャズピアニスト平川勝朗のページ

ライブスケジュール他、日々の記録など

ライルメイズのこと

昨日ネットで、ライルメイズが亡くなったことを知った。

まだ66歳だったそう。重い病気を患っていたらしい。

 

最初に彼のことを知ったのはいつだったか、

正直なところあまり覚えていない。

PMGを好きになってよく聴いていたころは、

メセニーの相棒のピアニスト、という知識があったくらいで、

実際、どんな人なのか、はっきりわかっていなかったと思う。

彼のピアノの魅力を知ったきっかけはおそらく「Fictionary」。

僕が知る限り、おそらく彼が唯一残したピアノトリオアルバムだ。

もし「他にもあるよ」という方がいらっしゃったら

ぜひ教えてほしい。買えるものなら、速攻で買いたいので。

で、Fictionaryの話。

 

1曲めのロマンティックなバラード(タイトルがなんとBill Evans)から

一気に引き込まれた。

なんというか、ちょっと偉そうだけど、

「あ、僕が求めていた音楽だ」

という感じがした。

ちょっと粘っこいフレイズが、絶妙な揺らぎ

(そう、このタイムの揺らぎがなんともいえない魅力!)

を持って綴られる。

キースに通じるものをすごく感じるが、

もう少しさわやかな感じ。

 

そう、ライルはキースジャレットのことが本当に好きだったらしく、

いろんなインタビューで彼のことを語っているようだ。

印象的だったのが、

具体的な言葉は覚えていないけれど、

「キースが仮にすべての人気投票で1位を獲得したとしても、

それでも彼はまだ過小評価である」

みたいなことを言ってたこと。

なんとなく「彼の魅力をほんとにわかってるのは俺だけだ」

みたいなニュアンスも受け取れるような気がしてほほえましいが。

 

このアルバムのすべてについて語りたいが、

おそらく膨大な文章量になってしまいそうで、、

とにかく、入ってる曲すべて、本当にすばらしい。

そして、何度聴いても、そのたびに新しい発見がある。

ハーモニーは、意外とベタな使い方もしたりするが、

それがなんというか、ほんとにきれいに新鮮に響く。

それはおそらく彼のタッチによるもの。

和音の響きのよさって、音選びよりもタッチに左右される割合が高いのかな、

と思わされる。

あと、彼のフレイズもすごく好き。

なんだか謎の中東っぽいスケールを、すごく効果的に使う。

このフレイズを聴いたとき、自分もそれを使いたくて、

すごくコピーした記憶がある。

自分のプレイの中に、今だにその名残はある。

僕のかつての師匠のギタリストもライルメイズが大好きで、

よくいろんな話をした。

「彼は短三度を増二度として使うよねえ」

師匠がそんなこといってたのを今でもよく覚えている。

うーん、こうやって書き始めてみると、

書きたいことはいくらでも出てくる。

ちょっと次の予定があるので、

また改めて続きを書こうと思う。

一旦これで。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/411FN5NAVZL.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読まずに死ねるか!

意外と、若いころよりも、

それなりに年を取ってからの方が

長編を読めるようになってきた。

数年前から年に1冊のペースで長編を読んでる気がする。

なんとなく、自分にそういうルーティンを課しているようなところもある。

去年は豊饒の海だった。

一昨年はまあこれは長編とはいえないし、小説でもないけど、

中沢新一のカイエソバージュを全部読んだ。

新平家物語を読んだのは一昨年だっけ、いや、その前か、、

カラマーゾフ読んだのもここ10年以内のはず。

そんな感じで、今年はドストエフスキーの悪霊を、と思って読んでいる。

まだ読み始めたばかりだけど。

(ついでだけど、今年は年明け早々にずっと迷ってた騎士団長殺しを読んだ。

残念なことに、ぜんぜん心に残っていない。まあそれについてはいいわ。)

 

このあいだ、ふと「読まずに死ねるか」

という言葉が思い浮かんだ。

特にこれといった意識もなく、なんとなく勢いで思いついた言葉だけど、

一応調べてみたら、そういうタイトルの本があったんだな。

たぶんどこかでそれを目にしていたんだろうけど、

それにまつわる情報だけがすっぽり抜け落ちていたんだろうと思う。

終活、、ではないけど、

自分が死ぬ間際に、しまった、あれ読んでないわー

とか思って後悔するのはできることなら回避したい、

と、なんとなく思ったのであった。

そして、そう考えると読書へのモチベーションが一気に高まってくる。

「読まずに死ねるか!」

 

という訳で、ドストエフスキー。

これはカラマーゾフのときもやったことだけど、

登場人物の相関図をちゃんと図にして書かないと、

ほんと訳わかんなくなってしまう。

まあ、ドストエフスキー読んでる人の大半は

こういう図書いてるはず。

 

f:id:hirakawa12:20200210230112j:plain

 

 

デクスターゴードン

 

僕が好きなミュージシャンは、たぶんだけど、みな、ちょっと聴いただけでわかる。

そのミュージシャンにそっくりな人もいてたまに騙されるけど、

まあでもほぼわかるんじゃないかな。

そもそも好きなミュージシャンは、僕がCDをたくさん持ってる確率が高いので、

その人の演奏を判別できる、というよりは、CDで記憶している、ということもままあるのだけど。

ちなみに、僕はそれほど好きではないけど、そのプレイスタイルがすごく個性的だ、という理由で、聴いたらわかる人もいる。

でも、これに関しては、たぶん、多くの人がわかる、というレベルなんじゃないかな。

だからそれほど声高に宣言するほどのことでもないかな、という気がする。

 

何が言いたいのか、わからなくなってきたけど、

えっとつまり、僕はデクスターゴードンのことを書こうとしていたのだった。

僕が好きなテナーサックス奏者、デクスターゴードン。

で、聴いたことがないアルバムも実際のところ多数あれど、

ちょっと聴けば、あ、デクスターだな、ということはたちまちにわかる。

で、なんだかうれしくなる。「うわー、デクスターやん~」てかんじで。

 

こんなこともあった。

昔、あるテナー奏者と、あるライブハウスでご一緒してたときに

店内であるレコードがかかり、

僕が「これ、デクスターですよね」

と言ったら、そのテナー奏者が

「いや、違うよ」とすぐに否定した。

デクスターにしてはけっこうタイムもタイトで、

パーカーっぽいところがあったので、僕も最初は誰だろう、

と思ったのだけど、フレイズのはしばしにデクスター節ともいえる

言い回しが表れていて、やっぱりデクスターだな、と感じたのだった。

で、そのテナーの方が更にしばらく、そのプレイにじっと耳を傾け、

おもむろに、あ、これ、デクスターか?うん、ひょっとしてそうかも、、、

とつぶやいた。

それから、それまでカウンターの向こうで忙しそうにしてたマスターが一息ついたっぽかったので、「これ誰ですか?」って訊いてみたところ、

「デクスターゴードンの若いころのレア盤。あんまり「ぽく」ないでしょ?」

とおっしゃったのだった。

まあ些細なことといえばそうなのだが、

自分のデクスターのファンとしての地位というか名誉というか(なんじゃそりゃ)お墨付きのようなものを得たような気がして、なんだかうれしかったのである。

 

昨日行った、いつもの店モリーで、たまたまデクスターゴードンの話になって

たっぷりかけてもらったので、その余韻でこんな文章を書いてみた。

こんな話をしていて肝心なことを書いてないな。

つまり、デクスターゴードンのどこが好きなんだ?ということ。

まあ、でもそれを説明するのに言葉はそんなにいらないであろう。

一言、「歌心」である。

(ま、正直なところ、ある種、一番ずるい言葉だという気もするが、これ以外に適当な言葉を思いつかないのである)

彼のテナーは、ほんと、どのフレイズとっても、歌にあふれている。

ベタベタでちょっと恥ずかしいようなフレイズも吹くし、誰でも吹いているような平凡なバップフレイズだってけっこう使いまくるけど、なんというか「うたぢから」が強くて、聴き手を納得させてしまうような気がするのだ。

これは、ほんと誰にでもできるようなことではない。

演奏者としては、一番大事なことだと思うけど、一番難しいことである。

難しいというより、努力して会得できるようなことではないようなものだ、という気もする。とはいえ、もちろん大事なこととして常に意識していないといけないことではある。演奏者としては。

意識してどうなるものでもないのかもしれないけど。

そこはそれ、信念、みたいなものかな。

結果どうこうじゃなくて。

話がややこしくなってきた。

そろそろそんなところで。

 

www.youtube.com

3月スケジュール

 

3月 1日(日) 町家音楽イベント

        13時~

        with 岩波邦江(vo)

 

3月 4日(水)ウェスティン都ホテル京都

         ピアノソロ(演奏は20時半~)

 

3月 5日(木) le club jazz

          with 森下周央彌(gt)
           

3月 7日(土)wine bar boire
         ジャムセッション
         15時~18時
         チャージ1000円

 

3月 7日(土)Birdland 
         ピアノソロ(演奏は21時頃からです)

 

3月11日(水)カフェアンデパンダン 
          with未定

 

3月12日(木)Jazz Cafe Murra
         ボーカルセッション
         18時~22時
         チャージ1500円

 

3月14日(土)Birdland 
         ピアノソロ(演奏は21時頃からです)

 

3月17日(火)ウェスティン都ホテル京都

         ピアノソロ(演奏は20時半~)

 

3月19日(木)HELLO DOLLY  
            with未定

 

3月20日(金)Birdland 
         ピアノソロ(演奏は21時頃からです)

 

3月24日(火)Live Spot Rag

        Far North Trio        

         with篠崎雅史(ts)
           森下周央彌(gt)
           

3月29日(日) le club jazz

          ジャムセッション

          with 篠崎雅史(ts)

 

3月31日(火)ウェスティン都ホテル京都

         ピアノソロ(演奏は20時半~)

 

 

2月スケジュール

2月 1日(土)wine bar boire
         ジャムセッション
         15時~18時
         チャージ1000円

2月 6日(木) le club jazz

          with 東條やすこ(vo)
            斎藤敬司郎(b)

           木曽稔之(dr) 

2月13日(木) le club jazz

          with 山内詩子(vo)
           むねたけまさひろ(b)

           斎藤洋平(dr) 

2月18日(火) Jazz Liveさうりる

         ジャムセッション

         with 木曽稔之(dr)

 

2月19日(水)カフェアンデパンダン 
          with片山恵依子(vo)

 

 2月21日(金)Birdland 
         ピアノソロ(演奏は21時頃からです)

 

2月22日(土)HELLO DOLLY  
            with菅マナミ(vo)
           上山崎初美(b)
           土佐まさかず(dr)

 

2月24日(月)HARI

        with河村恭子(vo)

 

2月25日(火)XLV

         ソロピアノ

 

 

15:29

昨日は祇園のバードランドで演奏だった。

ほぼずっと満席だったんじゃないかな。

大きな声で盛り上がっているお客さんも多く、

自分のピアノを聴いている人は、まあ一人もいなかったんじゃないかな。

実際のところはわからないけど、少なくとも弾く側の実感としてはそんなかんじ。

しかし、こういうときというのは、割と自分の世界にどっぷりと入り込むことができて、集中した演奏が可能になったりする。

人に聴かせよう、という変な自意識があまり出てこず、その場の流れに任せて自然に弾けるので、結果、いい音楽が出てきていたような気がする。

どんなときでもこんな意識で弾けると一番いいような気がするな。

聴かせようと思わない。気負わない。

7割くらいの力でやるイメージかな。

それでお客さんがどういう印象を持つか、ということは、

こっちが操作できることではなく、関係のないことなのだ。

アドラー風にいえば課題の分離(合ってるかな、、)

アドラーの名前が出たところで、くっついて出てきた言葉は「自己受容」。

そう、それができていれば、気負わない演奏ができるはず。